粉ミルクはこれをリピ!森永「はぐくみ エコらくパック」は詰め替えがラクでゴミも少ない◎

赤ちゃんに飲ませる粉ミルク。混合や完全ミルクという方には欠かせないもの。

ただ粉ミルクでネックなのが、あの大きな缶…。置いておくにも場所を取るし、捨てる時もかさばってしまうのが困りますよね。

私は森永「はぐくみ」を使っていますが、缶から「エコらくパック」というものに変えました。中身は全く同じなのに、置くスペースもかなりスマートで、ゴミも小さくてリピ使いしています。

そこで、「はぐくみ エコらくパック」の詰め替え方を中心に、おすすめポイントをご紹介します。

最初は「はぐくみ エコらくパック はじめてセット」から


アカチャンホンポで購入する

「はぐくみ エコらくパック」を使うには、まず「はじめてセット」からのスタートになります。

専用の詰め替えケースと詰め替え1箱(400g×2袋)がセットになっていて、詰め替え1箱(400g×2袋)だけとそれほど値段は変わりません。

詰め替え1箱(400g×2袋)は、大サイズの缶の容量(810g)とほぼ同じです。

箱には、調乳表がわかりやすく記載されています。すりきり1さじで20mlのミルクができるようになっているので、計算しやすいですね。

ミルクの溶かし方も、イラスト入りで紹介されています。これを見ることで、誰でも簡単にミルクが作れます。

アレルギーの表示もあり、乳・大豆となっています(27品目中)。

2回目からは、詰め替えセットだけの購入でOK。1箱に2袋入っていて、缶と値段はそれほど変わりません

「はぐくみ エコらくパック」の詰め替え方

詰め替え方法も、とても簡単です。順番にご紹介します。

ケースを空にしてきれいにする

使っていた袋をとって、ケースを空の状態にします。このとき、粉ミルクがフタやケースについている場合があるので、きれいにします。

詰め替えの袋を開ける

詰め替える粉ミルクの袋を開けます。ハサミを使わず手で切れるようになっていますが、点線の部分を中心にトントンと粉を下に落としてからの方が、開封時にこぼしにくくなります。

袋をきれいに広げる

開封できたら、写真のようにきれいに四角になるように袋を広げます

ケースに詰め替え袋をセット

詰め替え袋を「はぐくみ」のキャラクターが描いてある方を前にして、ケースに静かに入れます。

最後に枠をつける

ケースに詰め替え袋が入った状態のまま、枠をつけて詰め替え完了です。右利きの方は、写真の方向に枠をつけるとスプーンですりきりやすくなります。

「はぐくみ エコらくパック」のメリット&デメリット

「はぐくみ エコらくパック」を使ってみて個人的に感じた、良い点&気になる点もお伝えします。

○場所をとらずに保管が可能

缶の場合、大容量だと特に保管場所に困りますよね。でもこの「エコらくパック」なら、幅15cm×高さ13cm×奥行き9cm(約)と場所を取りません。

○ゴミが小さい!かさばらない!

詰め替えやすいのもメリットですが、やっぱりゴミが小さくまとめられるのは大きなポイント

使い終わったらくるくると折って、ゴミをこれだけ小さくすることができます。プラスチックごみの表記があるので、各自治体のルールに沿って廃棄してください。

×粉ミルクが折り目にたまってしまう

「はぐくみ エコらくパック」の気になる点はほとんどありませんが、唯一気になったのが、底の折り目の部分に粉ミルクがたまりやすいという点。

最後の最後まで使い切るには、あらゆる角度からたたいて粉ミルクを落とす、という手順がプラスされます(私だけかもしれませんが…)。

でも、それほど大きくデメリットというわけではありません。要領の良い方なら、うまく使い切れると思います。

「はぐくみ エコらくパック」まとめ

  • 最初は「はじめてセット」からスタート
  • 詰め替え1箱(400g×2袋)と大サイズの缶(810g)の容量はほぼ同じで値段も同じくらい
  • 詰め替え方法も簡単でラク
  • ゴミがかなり小さくまとまる

一度使うと、缶には戻れなくなるほどメリットが多いと感じた「はぐくみ エコらくパック」。このタイプは、今のところ森永の粉ミルクでしか発売されていないようです。

缶の扱いに困っている方は、ぜひチェックしてみてください☺️

はじめてセットを購入する
詰め替え3箱パック(800g×3箱)+おしりふき付を購入する

あなたにおすすめ

授乳ケープはポンチョ型が便利!かぶるだけで使い方も簡単&後ろも安心でおすすめ
マタニティ期間から!アカチャンホンポは会員登録するのがおすすめ。特典でおむつやサンプルがもらえる!
ファミリアの母子手帳ケースはポケットが多くて使いやすい!サイズも大中小あって便利◎