milkteagirlさんのレコメンドblog

【旅行記】「ホテルニューアワジ ヴィラ楽園」露天風呂温泉付き部屋で贅沢な時間

淡路島にある「ホテルニューアワジ」の「ヴィラ楽園」に行ってきました。
「ヴィラ楽園」は本館とは異なり全室スイートで、露天風呂の温泉が部屋に付いているんです。

2連泊して、食事や温泉、専用ラウンジなどもたっぷり堪能してきたので詳しくご紹介します。

「ヴィラ楽園」宿泊者はお部屋でチェックイン…!

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ チェックイン

「ホテルニューアワジ」に着き、名前を告げるとフロントではなくロビーに案内されました。広いロビーは、昔ながらの温泉旅館といった感じ。

それからチェックインかと思いきや、「ヴィラ楽園」宿泊者はお部屋でチェックインとのこと…!

「ヴィラ楽園」へは専用エレベーターで

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ チェックイン

「ヴィラ楽園」エリアへは、専用エレベーターで向かいます。入り口から既に風格が違っていて、特別感でワクワク。

お茶を飲みながらチェックイン

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ チェックイン

部屋に入り、ダイニングテーブルに座るとすかさずおしぼりとお茶が出されました。
ホテルスタッフの方が丁寧にチェックインの手続きを案内してくれて、それから担当してくださる仲居さんを紹介されます。

私たちを担当してくださった仲居さんはとても楽しい方で同じ阪神ファンなので話も弾みましたが、適度な距離を自然と保ってくれるようなベテランの仲居さんで、居心地がよかったです。

「ヴィラ楽園」の「宙の庭」というお部屋に宿泊

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ

今回宿泊したのは、「ヴィラ楽園」の中でも「宙の庭」という名前が付いたお部屋。
和室10帖+ツインベッドルーム+リビングダイニング+露天風呂付ウッドテラスで、なんと80平米以上の広さ。かなりゆったり過ごせます。

大きなテーブルがあるダイニング

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ

リビングダイニングには大きなテーブルとチェアがあり、足を伸ばしてくつろげます。大きなソファのようなチェアに座ると目の前には海が広がり、景色も抜群。

ぐっすり眠れるふかふかのベッド

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ ベッド

ツインベッドルームには、ふかふかのベッドが。ここでぐっすり眠れます。ベッドサイドにコンセントがあるので、充電しながらスマホ、というのも叶います。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ 和室

また、和室スペースには可愛いクッションがあり、そこにもたれてリラックス。リビングダイニングに続き、ここにもテレビがあるので好きな方でテレビを楽しめます。

ウッドテラスで波の音を聞いて

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ ウッドテラス

広いウッドテラスには足がのばせるチェアが2つ、置いてあります。早朝や夜、静かな波の音を聞きながら寝転ぶというのも最高の時間!お気に入りの場所です。

かなり揃っているアメニティ・備品

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ アメニティ 備品

お部屋には様々なアメニティや備品があり、かなり揃っている印象。こちらは最初にテーブルに置かれていたびわゼリー。何個でも食べられるほどの美味しさ…!

水のペットボトルは2リットル!

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ アメニティ 備品 水

ホテルに宿泊すると、500mlのペットボトルの水をプレゼント、というのはよくありますが、ここでは2リットル!しかも仲居さんが「足りなくなったらいくらでも持ってきますよ!」と言ってくださり、お言葉に甘えてたっぷりお水を飲めました。

ネスプレッソでコーヒータイム

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ アメニティ 備品 ネスプレッソ コーヒー

カプセルを入れるだけで手軽に本格的なコーヒーが飲める、ネスプレッソも完備。好きな時にコーヒータイムができます。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ アメニティ 備品 ネスプレッソ コーヒー

カプセルや機械の使い方の説明も置いてあるので、初めての方も安心して使えます。カプセルは3種類あり、1つはデカフェ(ノンカフェイン)という嬉しい心遣い。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ アメニティ 備品 ネスプレッソ コーヒー

ネスプレッソのカプセルは、足りなくなったらまた補充してもらえます。それ以外にも、紅茶やたまねぎスープ(!)もあります。

ブルーレイプレーヤーあり!

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ アメニティ 備品 Blu-ray ブルーレイプレーヤー

和室のテレビ台にはBlu-rayプレーヤーも。レンタルBlu-ray・DVDはありませんが、自分のお気に入りの映画を持って行って楽しむのも良いかも。

しっかり加湿空気清浄機も

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ アメニティ 備品 加湿空気清浄機

ホテルや旅館というとエアコンで乾燥しがちなのが気になりますが、しっかり加湿空気清浄機も完備。

ゆっくりメイクができる鏡台も

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 ブログ 鏡台

和室には、メイクがゆっくりできる鏡台スペースもあります。また、ここにもドライヤーがあってテレビを見ながら髪を乾かせます。

好きな時に好きなだけ入れる温泉付き

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 温泉 露天風呂

そして「ヴィラ楽園」の醍醐味とも言えるのが、お部屋にある露天風呂の温泉。好きなタイミングで他の人を気にすることなく入れます。

露天風呂が丸見え?

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 温泉 露天風呂

丸見え?との口コミもありますが、ほとんどと言っていいほど海を船や人が通ることはなかったので、あまり気にしないでいいかと。
それでも気になるようであれば、暗くなった夜や早朝にたっぷり入るのが良さそう。

シャワーブースは中に

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 お風呂 シャワーブース

露天風呂とは別に、洗面スペースの隣にシャワーブースがあります。中にはシャンプー・コンディショナー・ボディソープももちろん揃っています。

使いやすい洗面スペース

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 洗面所

露天風呂に面した洗面スペースは程よい広さで使いやすい感じ。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 洗面所

大きな鏡やイスもあり、お肌のケアもゆっくりできます。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 洗面所 ドライヤー

ドライヤーや拡大鏡もあるので、座って髪を乾かして、お肌もチェックして。

アメニティも充実

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 洗面所 バスローブ

バスローブやタオルは、キレイにシャワーブースの隣に置いてあります。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 アメニティ

アメニティも充実していて、化粧水・乳液・メイク落とし(クレンジングオイル)はもちろん、綿棒やコットン、歯ブラシもあります。手ぶらで行けそうなほどの充実ぶり。
連泊の場合、清掃に入った時に減った分が補充されていたので、それも助かります。

基本お部屋食なのが嬉しい食事

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー 淡路牛

「ヴィラ楽園」の2食付きプランを選ぶと、朝食・夕食ともに部屋食が選べます。
畳に座ってではなく、大きなダイニングテーブルで座っていただけるので、足がしんどくなることもありません。

1日目夕食:淡路牛を中心とした和食

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

宿泊したのは2017年9月なので、「秋の特別懐石」をいただきました。こちらは、前菜の「海の幸と旬野菜の取合せ」。
内容は、鱧月冠煮・無花果とローストビーフの胡麻クリーム掛け・旬野菜の取合せ・菊花養老豆腐・カマス幽庵焼きです。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

お造りは「伊勢海老姿造り・紅葉鯛・中トロ・太刀魚・細魚・間八」。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

蒸し物は「雲丹入りロワイヤル」。ウニの甘さが絶妙な茶碗蒸しです。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

鍋物は2種類からチョイスできて、こちらは「淡路牛のすき焼き 松茸添え」というなんとも豪華な組み合わせ。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

煮物は、「蒸し鮑と秋茄子の田楽味噌仕立て 鮑の肝を添えて」。ごはんが進む一品!

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

焼物は、「淡路牛と旬野菜の石焼」。またまた淡路牛ですが、今度は自分好みに焼いていただきます。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

替り鉢は2種類からチョイスでき、こちらは「足赤海老と旬野菜の天麩羅」。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

ごはんは、白ごはんをこれまでにもいただいていましたが、それとは別にこちらは「穴子の釜飯」。
あと、写真を撮り忘れましたが吸物として「紅景鯛の赤だし」、香の物三種盛りもあります。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

本日のデザートで、〆。
かなりのボリュームです!食事は、仲居さんが絶妙なタイミングで順番に出してくれます。

2日目朝食:ビュッフェ

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 朝食 ブッフェ ビュッフェ 食べ放題 バイキング

朝食は部屋食も選べましたが、連泊のため1回は朝食バイキングにしました。
宴会場のような広いところで、ビュッフェスタイルでいただきます。私たちは窓側の席に案内されました。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 朝食 ブッフェ ビュッフェ 食べ放題 バイキング

一見、よくあるホテルや旅館の朝食バイキングに思えましたが、淡路島ならではの食材が使われたメニューが多く、和食が多めな印象でした。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 朝食 ブッフェ ビュッフェ 食べ放題 バイキング

サラダも数種類あります。朝からたっぷりお野菜を摂れるのは嬉しい!

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 朝食 ブッフェ ビュッフェ 食べ放題 バイキング

数あるメニューの中でも人気だったのが、淡路島牛乳が使われた「焼プリン」。ついおかわりしたくなるほど。

2日目昼食:「バル淡道」で淡路島牛丼

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ランチ 昼食 バル淡道 淡路島牛丼

連泊するとなると困るのが、昼食。朝食・夕食付きプランにしても、ほとんどのところが昼食はついていないと思います。
が、今回連泊のプランとして、昼食がついたプランがあったのでそれで予約。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ランチ 昼食 バル淡道 淡路島牛丼

とても落ち着いた大人な雰囲気の「バル淡道」で、お昼ごはんをいただきます。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ランチ 昼食 バル淡道 淡路島牛丼

淡路ぬーどるか淡路島牛丼からのセレクトだったので、淡路島牛丼に。お肉が贅沢にたっぷりのっていて、お腹一杯になるボリュームでした。

2日目夕食:海の幸を中心とした和食

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

1日目の夕食ではたっぷり淡路牛をいただいたので、2日目は海の幸を中心としたメニューに。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

こちらは前菜の「海の幸と旬菜のオードブル」。前菜から前日と違うメニューがいただけるのは嬉しい。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

お造りは「カワハギ・車海老・栄螺・鱧の落とし・蛸」。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

蒸し物は「海鮮茶碗蒸し」。前日のウニとはまた異なる海の味わいです。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

鍋物は「紅景鯛のしゃぶしゃぶ」。お湯にくぐらせる前から身が美しい…!

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

煮物は「ガシラの煮付け 根菜添え」。最初は見た目に驚きました(笑)。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

焼物は「淡路産 鱧の網焼き」。網があるので、自分で焼いていただきます。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

酢の物は「戻り鰆のサラダ仕立て」。酢の物とは思えない感じのサラダです。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

ごはんは、「松茸の釜飯」。前日の穴子に続いて豪華な釜飯です。プラス、香の物三種盛りもありました。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

吸物は「淡路島伝統の手延べ麺」。あっさり、でも麺の美味しさはしっかり。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 夕食 ディナー

そして、本日のデザート。あっさり系の海の幸のディナーに、甘いものがまた美味しい!

3日目朝食:和朝食&アメリカンブレックファスト

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 朝食 アメリカンブレックファスト

3日目の朝食は、部屋食に。2種類から選べるので、1つずつお願いしました。
こちらは、アメリカンブレックファスト。洋食の朝食の王道といった感じですが、とても充実した内容。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 部屋 朝食 和食

もうひとつは、和定食。こちらも充実していて様々な和食が少しずつ楽しめます。

「ヴィラ楽園」宿泊者専用ラウンジでもくつろげる

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷

「ヴィラ楽園」に宿泊すると、専用ラウンジ「天上の桟敷」に入ることもできます。お部屋だけでなく、ここでもゆったり。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷

チェックイン開始直後くらいの時間に行くと、比較的すいている時間帯だと思うので、静かな空間で休めます。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷

お部屋ももちろん良いけど、ラウンジでもまた違った時間を過ごすのも「ヴィラ楽園」の宿泊ならでは。

ジュースが自由に飲めます

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷

ラウンジにはジュースが置いてあり、好きな時に飲めます。温泉に入ったあとの甘いジュースも美味しい!

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷

ジュースだけでなく、コーヒーや紅茶もスタンバイ。眺めの良い空間でリラックスタイム。

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷

お茶菓子も置いてあるので、コーヒーや紅茶、ジュースと一緒にちょっとしたおやつに。

マッサージチェアで旅の疲れをほぐして

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷

マッサージチェアがあり、旅の疲れをほぐして。特に運転したきた人にとってはコリがやわらぎそう。

毎月、満月が近い日限定で嬉しいサービスも

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷

毎月、満月が近い日限定で「月あかりを愉しむスペシャルデー」が夜のラウンジで開催。この日に楽しめるのは…

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ ラウンジ 天上の桟敷 スパークリングワイン

スパークリングワインのサービス!
チェックインの時に「月あかりを愉しむスペシャルデー」が案内され、限られた時間にしか開催されていないものの多くの人が幸せなひとときを過ごしていました。

「ヴィラ楽園」に泊まった感想

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園 宙の庭 旅行記 宿泊レポ 感想 ブログ

これまで、「ホテルニューアワジ」の「花季(はなごよみ)」には何度か宿泊したことがありましたが「ヴィラ楽園」は初めてでした。
お値段は張るものの、その価値は十分あったと思える内容・サービスでした。

思いきって2連泊にしましたが、だからこそ「ヴィラ楽園」や「ホテルニューアワジ」の他の温泉もたっぷり堪能でき、日常を忘れてゆったりくつろげました。
何より、担当してくださった仲居さんに本当によくしていただいて、いい滞在に。

スイートなのに1泊3万円から

▶︎▶︎ 一休.comから予約
値段は、日程によりますが1泊1名3万円台が中心です。
朝食・夕食付き、さらに露天風呂温泉付きでスイートならこの価格はコスパが良いですね◎。

いつもとは違う温泉旅館を楽しみたい方や記念日旅行、お誕生日旅行など特別な時にもおすすめ!

ホテルニューアワジ ヴィラ楽園
▷場所
兵庫県洲本市小路谷20番地
▷アクセス
https://www.ikyu.com/00001638/access/
▷tel
0799-23-2200
▷チェックイン・チェックアウト
チェックイン 14:00~19:30
チェックアウト 11:00
▷駐車場
宿泊者無料(屋外200台)
▷ホームページ
http://www.newawaji.com/rooms/rakuen.php
▷地図

訪問日:2017年9月6日(水)