沖縄マリオットホテルの部屋「ユニバーサルルーム」を徹底レビュー!バスルームも

沖縄で人気のホテルのうちのひとつ、名護市にあるオキナワマリオットリゾート&スパ

今回、「スーペリアルーム」で予約していましたが、部屋のつくりがほぼ同じでユニバーサルデザインになっている「ユニバーサルルーム」に宿泊することに。

沖縄マリオットホテルの「ユニバーサルルーム」の部屋の間取りやトイレとは別になっているバスルーム(洗い場あり!)などを詳しくブログにまとめました。

子連れにも嬉しい沖縄マリオットの「ユニバーサルルーム」

沖縄マリオットには、いくつかの客室タイプがあります。

  • スーペリアルーム(44.6~46.3㎡)
  • エグゼクティブルーム(44.6~46.3㎡)
  • ユニバーサルルーム(44.6~46.0㎡)
  • マリオットファミリールーム(64.9~68.4㎡)
  • オキナワスイート(64.9~68.4㎡)
  • パノラマオーシャンスイート(109.0㎡)
  • クラウンスイート(109.0㎡)
  • ロイヤルスイート(249.3㎡)

今回宿泊した「ユニバーサルルーム」は、「スーペリアルーム」と似た間取りのタイプの部屋。大きく異なるのは、バリアフリーでユニバーサルデザインになっている点です。

ドアは引き戸(入り口のドアも!)・段差がない・スイッチは低い位置、など細かいところまでやさしい作りになっていて、ベビーカーや車椅子もスムーズに入れます。

バリアフリーの「ユニバーサルルーム」は高齢者の方をはじめ、子連れにも嬉しい部屋ともいえます。

「ユニバーサルルーム」の部屋を徹底紹介!

テレビ

ベッドの向かい(足元の方向)には、大型テレビが設置してあります。沖縄はチャンネル配置が異なります(何番が何チャンネル、と書いてあるものがなかったので少しわかりにくかった…)。

テーブル・チェア

テレビの横には、鏡・テーブル・チェアがあります。ここで書き物をしたり仕事をすることも可能。ドレッサーぽく見えますが、メイクするには少し暗めな印象です。

開放的な窓ガラス

厳密には窓ではなく、バルコニーへと続く窓ガラスですが、とても大きくて開放感があります

向かいに建物はないので、あまりに気にならなかったらカーテンを開けっ放しにしておくこともできるので、部屋がより明るく使えます。

ソファ

窓からの景色を楽しみながらくつろげる、大きなソファも。下にはラグが敷いてあります。

ベッド

大きくて寝心地が良いベッドは、ふかふか。たくさん動いた日もたっぷり体を休められます。

本来はベッドが離れていますが、子連れ(0歳児)だったため、事前に連絡してベッドをくっつけておいてもらいました。

注意

バリアフリーな「ユニバーサルルーム」ですが、ベッドはほかと変わらないので割と高さがあるので注意。

バスルーム

大理石調で高級感のあるバスルーム。トイレとは別になっていて、洗い場があるので家のお風呂と同じような感覚で使えます。

シャワーは、通常のタイプのものと天井につけてあるものの2つあります。やっぱりいつも使っているタイプの方が使いやすいので、天井にある方は使いませんでした。

オーシャンビューのテラス

部屋にはバルコニーがあり、ベンチもあるのでここでゆっくりくつろぐこともできます。

注意

海やプールで着た水着をここに干したくなりますが、外には干さないように注意書きがしてあります。

目の前にはきれいな海が見える、オーシャンビュー。部屋にいながらたっぷり海を感じられます。

下を見ると、沖縄マリオットの大きなプールの一部が見えます。ちなみに部屋にいると、ここで遊んでいる声はあまり聞こえません。

プールの人の多さや日陰の具合がわかるので、上から見てチェックしてからプールに行くのもいいかも。

沖縄マリオット「ユニバーサルルーム」まとめ

  • 部屋は44㎡以上あって広々使える
  • バリアフリーでユニバーサルデザイン
  • ベビーカーや車椅子が入りやすい
  • ベッドは大きくて高さがある
  • ゆったり体を休められるソファ
  • バスルームはトイレとは別で洗い場あり
  • バルコニーがありオーシャンビューが楽しめる

あなたにおすすめ

沖縄マリオットホテルのアメニティ・客室設備を詳しく紹介!便利に使える◎